賃貸を選ぶための常識、非常識!知っていると得する賃貸選び。

レンタルオフィスと貸事務所の違い

ビジネスを自分でおこなっている人にとって、固定費になるオフィスの費用は重要な部分になってくるでしょう。また、契約する業態によってはランニングコストを安く抑えることもできますので、しっかりと考えて契約する必要があるでしょう。

オフィスの契約をおこなっていくにあたって、迷うのがレンタルオフィスと貸事務所でしょう。大きな違いとしては利用するうえでの価格が異なる点でしょう。

貸事務所の場合には初期投資や敷金礼金などがかかってきますので、ある程度の売り上げが必要となるでしょう。このような点を一つ一つ比較し、決めていくことをお勧めします。

個人でレンタルオフィスを借りるのはどんな人?

普通に働いていて、それ以外でレンタルオフィスを借りるということには一体どんな作業をするために借りるのか気になりますよね。一般企業で働いている人であれば仕事なら会社ですればいいと思ってしまいますよね?そのため借りる人の多くが、仕事場が確定していない人です。

例えばフリーライターの人などは決まった仕事をする場所がないので、仕事をする時は自分の家でするしかありません。しかし家だとどうしても集中できないという人が借りることが多いようです。また次に多いのが企業したい人です。レンタルオフィスは簡易オフィスが作れるので従業員2,3名と考えているのであれば、まずはここからというにはピッタリです。

レンタルオフィスにするかは目的に合わせて選択をしましょう

企業する際に費用を抑える方法として、バーチャルオフィスとレンタルオフィスがあります。どちらともメリットもあればデメリットもあります。

とにかく初期費用を抑えたいということであれば、レンタルよりもバーチャルオフィスの方が費用を抑えることができます。

しかしながら長期的計画を練るときに、バーチャルオフィスでは銀行などからの融資を受けることができず、信用度はあまり高くありません。

その点レンタルオフィスはオフィスをしっかりと構えているので、銀行からの融資を受ける事もできますし社員を増員する事もできます。社会的信用を得ることができます。どちらが良いのか目的に合わせ選択することが大事です。

レンタルオフィスをどこで借りるか

レンタルオフィスを利用するうえで、どのエリアで解約するかがポイントになってくるでしょう。エリアを選ぶポイントとしては、自身の展開するブランドのイメージだったり、利便性、働きやすさなどをあげることができるでしょう。

また、場合によってはクライアントが訪ねてくるようなケースもあるかもしれません。そのような可能性があるような場合には、利便性の良い場所を選ぶ事は必要最低限として、必要とされることでしょう。

また、レンタルオフィスを利用するうえで、不便であってはモチベーションも下がってしまうことでしょう。そのようなことを考えて決めていくといいでしょう。

レンタルオフィスや賃貸オフィスに関する記事

「賃貸を選ぶための常識、非常識!知っていると得する賃貸選び。」へのお問い合わせはこちら。東京や大阪梅田でのビジネスに役立つ情報も掲載中。ドイツ語翻訳会社についても知っておこう。